ラビアル矯正
(表側矯正)

ラビアル矯正(表側矯正)とは?

最も一般的な矯正装置で、100年近く歴史があり、様々なテクニックも出そろっているので、オーソドックスな矯正装置といえます。表側に装置があるので、裏側よりも歯みがきがしやすく、発音の邪魔になりません。

歯の表側に矯正装置を接着するので、装置が目立つというところは患者さんにとってはデメリットですが、いまは歯の色に近い白色や透明な装置も開発されていますので、昔より目立ちにくくなっています。

ラビアル矯正の
メリットデメリットとは?

メリットとして、昔から行われており、現在も最も広く一般的に行われているため、術式が確立しています。デメリットとして、やはり見た目に矯正装置が付いていると一目で分かることを気にされる方も多いですし、また取り外せないために、お手入れ(ブラッシング)が難しいという点もデメリットといえるでしょう。日常生活においても、堅いものを噛んだりするとブラケットが外れてしまい付け直しの処置が必要になることやワイヤーがずれて頬の粘膜を傷つけてしまうということもあります。接触の多いスポーツ、例えば格闘技やバスケットボールで顔に何かがぶつかると唇が挟まれて、唇の内側を切ってしまうこともあります。

ラビアル矯正を選ぶ人は?

以下の方がラビアル矯正(表側矯正)を選択されています。

  • とにかく費用を抑えたい方(当院ではマウスピース型を選択されても費用は変わりません)
  • 装置の見た目を気にしない方
  • 取り外しをするのが面倒だと感じる方
ブラケット装置
歯の表面(ラビアル矯正)
ブラケット装置
歯の裏側(リンガル矯正)
マウスピース型装置
特徴 一般に普及している 目立ちにくい 見えにくく取り外し可能
通院感覚 〇 1か月に1度 〇 1か月に1度 ◎ 2~3か月に1度
見た目 × 目立つ 〇見えにくい ◎ 見えにくい(外せる)
費用 ◎ 一般的に安い × 高い 〇 少し高い
食事 ▲ 制限がある ▲ 制限がある ◎ 装置を外して食べられる
歯磨き ▲ 手間がかかる × 裏側なのでより難しい ◎ 装置を外して磨ける

ご自身がどの装置で矯正治療をしたら良いか歯科医師と相談されたい方は、初回カウンセリングをご利用ください。

関連ページ

“歯並び” “矯正治療” “マウスピース型矯正装置インビザライン”
について何でもご相談ください。

当院ではマウスピース型矯正装置インビザラインによる治療を押し売りするようなことは一切ございません。
ご自身の状況を確認する機会としてご活用ください。

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1丁目1番5号 日本橋TNビル 4F

診療時間月木金 11:00~19:00 △土・日(月2日) 10:30~17:30

休診日火・水・日(それ以外)・祝日

お電話での診療のご予約・ご相談はこちら

03-6262-5779

03-6262-5779

マウスピース型矯正装置インビザライン
エムアンドアソシエイツ
(M & Associates)グループ

Copyright © M&ASSOCIATES. All Rights Reserved. ページ上部へ戻る