Q&A

よくあるご質問

出っ歯を治して横顔を綺麗なEラインにしたいです。マウスピースで口元を引っ込めることは可能でしょうか。

エムアンドアソシエイツ矯正歯科では抜歯を伴うマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)の治療に対応しています。上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)を改善し、鼻の先と顎の先を結んだEラインをすっきりと整えたい方の治療法についてご説明いたします。

抜歯のメリットとデメリットについて

Eラインを整える上で押さえておきたいポイントは「小臼歯の抜歯」です。小臼歯(基本的に、前から数えて4番目の歯)を抜歯し、そのスペースを利用して前歯を後ろに移動させる方法がまず考えられる方法です。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は抜歯のリスクが低い治療法であり、非抜歯やIPR(歯を少量削ってスペースを作り出すこと)などでも不正咬合を改善することが可能ですが、特に口元の突出感を改善されたい方の場合、抜歯を選択したほうが良いケースも考えられます。

当院では、抜歯が必要なインビザラインにも対応しています

これまで、一度は矯正治療を検討したものの「抜歯をするならインビザラインだけでは難しい」「ワイヤーを併用する必要がある」と言われて治療を諦めた方もいらっしゃるかもしれません。

当院のマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による治療では、抜歯が必要な症例についても全てマウスピースで対応させていただいております。

また抜歯を伴う場合、治療期間をご不安に感じる方もいらっしゃいますが、こちらもご安心ください。治療期間はマウスピースの枚数や歯の移動量によって決まるので、一概に抜歯をするから期間が長くなる、というわけではありません。期間についてもご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

抜歯をするべきかお悩みの方へ

抜歯をして矯正を行うことで、口元を後方に引っ込め、横顔の印象を改善することができますが、抜歯をするかどうかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

エムアンドアソシエイツ矯正歯科では、非抜歯の場合のシミュレーションもご提案させていただくことが可能ですので、安心してご相談ください。抜歯をした場合と非抜歯の場合で、最終的なゴールにどのくらい差があるかをコンピュータ上で比較していただき、ご検討いただければと思います。

当院では無料カウンセリングを受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングについて