COLUMN

歯列矯正の基礎知識コラム

「歯列矯正」は子供や若い方がするもの、というイメージをお持ちではありませんか?エムアンドアソシエイツ矯正歯科には、40代はもちろん、50代、60代から矯正を始められる方も多くいらっしゃいます。今回は「矯正は今更遅いのではないか」「40代以降に矯正は可能なのか?」とお悩みのあなたに、大人の矯正のメリット・デメリットをご紹介します。


【目次】
40代の矯正にはどんなメリットがあるのか?
40代での矯正治療のデメリットは何か?
矯正治療には3つの方法があります。
歯並びで後悔しないために。今からでも遅くありません。


40代の矯正にはどんなメリットがあるのか?

1.歯周病になりにくくなる

歯を失う原因の一つが歯周病です。歯垢や歯石の細菌が付着し最近の出す毒素により歯の周りの組織を破壊し歯を支える骨が徐々に溶けてしまいます。

矯正治療で歯並びが整うとブラッシングも行き届くようになり歯がしっかり噛み合うようになることで自浄作用が高まり、歯周病にかかりにくくなります。

2.しっかり噛むことができる

歯並びが悪いと、食事をする時しっかり噛み砕くことが出来なかったり、噛みやすいところで噛んでしまったりするため、偏った力がかかり過ぎ歯に負担をかけてしまいます。

強い力が歯にかかるとすり減りや知覚過敏、歯が揺さぶられてしまうため歯の寿命が短くなってしまう事も有ります。矯正治療を行うことでこのような不具合を解消することができます。

3.消化が良くなる

歯並びが悪い人に多くみられるのが、よく噛まずに飲み込んでしまう事。このようなことを繰り返していると胃腸に負担をかけてしまい体調不良の原因に繋がります。

咀嚼の機能は、噛み砕く・しっかり唾液と混ぜ合わせることです。矯正治療でしっかりかみ合わせを作ることができれば、しっかり噛むことができ、胃腸への負担もなく食事も楽しくなるはずです。

4.長年のコンプレックスが解消

年齢を重ねるごとに、歯並びが悪くなってしまった・・・と思われている方もいらっしゃるでしょう。若い頃から自分の歯並びにコンプレックスを抱えてきた方も多いと思います。

他人との会話の時の口元が気になって人目を気にしたり、笑う時に口元に手を当てたりしてどこか躊躇していたのではないでしょうか?

精神的な問題かもしれませんが、矯正治療をすることで、その長年のコンプレックスを解消し、自信のある笑顔を手に入れることができます。

5.頭痛や肩こりが改善する可能性がある

歯並びが悪いと、噛み合わせに歪みが生じます。その状態で噛むことにより、顎を使う筋肉に左右の差が生じてしまい顎の筋肉が常に緊張状態になってしまいます。

そして、噛み合わせの歪みは頭痛や肩こりの一因にもなります。ずっと悩んでいた頭痛や肩こりが矯正治療によって改善させることもあります。

40代での矯正治療のデメリットは何か?

1.虫歯や歯周病の治療が必要になる可能性が高い

まず第一に、お口の中のむし歯や歯周病が進行している可能性が考えられます。気づかないうちに虫歯ができている方、過去に治療した虫歯が再発している方、また歯周病も年齢に伴ってリスクが高まるものの一つです。

こうした場合、矯正治療を始める前に進行している方も多くいらっしゃいます。これまであまり歯科健診やクリーニングなどに通っておられなかった方の場合、先に虫歯や歯周病の治療を行い、お口を健康な状態にする必要があるので、矯正治療がスタートできるまでに時間がかかる場合があります。

2.歯茎が下がって見えることがある

歯周病や加齢で歯茎が下がっている場合は矯正治療をすることによりさらに歯茎が下がってしまうこともあります。

実際に他院にて治療中の方でも「歯ぐきが下がっている気がする」と当院にセカンドオピニオンに来院される患者様もいらっしゃいます。当院では、こうしたトラブルを防ぐためにもお口の中の状況を踏まえた上で治療計画を立てております。

またトラブルを未然に防ぐために大事なのは「定期的なチェック」です。歯や歯ぐきの状態をチェックするため当院では少なくとも2ヶ月に1度は通院をお願いしています。

もし40代で矯正治療を始める場合には、定期チェックにもしっかり通えるかどうか、スケジュールを検討してみるのも非常に大切なことです。

3.歯の移動に時間がかかる

矯正治療で歯を動かす仕組みは、ワイヤーなどで力がかかっている方向の骨が後退する一方で、反対側の骨が新たに形成されることによるものです。

矯正治療は歯の周りの組織の新陳代謝が大きく関わっているのです。

その為、個人差はありますが年齢を重ねていくほど、代謝が落ちてしまうため歯の移動にも時間がかかります。また、治療後の保定装置もしっかりと使用方法・使用期間を守って歯の位置を固定していくことが大切です。

4.装置に慣れるまでに時間がかかる

矯正治療には多かれ少なかれ違和感があるものです。歯が浮くような痛みも生じます。

年齢が若ければこうした違和感があってもすぐに慣れてくるものですが、年齢が上がるにつれてこのような違和感に慣れるのに時間がかかってしまうこともあります。

矯正無料カウンセリングを予約する

矯正治療には3つの方法があります。

①表面矯正


一般的にされる矯正治療のひとつです。歯の表面にブラケット(装置)をつけワイヤーを固定し移動させいて行く治療方法です。表面に装置が付くため目立ってしまうことがあります。

②舌側矯正

最も目立たない治療法は歯の裏側にブラケットを装着する裏側矯正です。しかし、装置が裏側に付くため舌が送致にあたる、しゃべりにくい、口内に違和感があるといったデメリットがあります。

③マウスピース矯正

マウスピース矯正は、段階的にマウスピースを交換して行くことで歯列を整えていく方法です。
装置が透明で装着時は目立たず、どうしても外さなければいけない時や食事ブラッシング時などでは自分で取外しが可能です。

歯並びで後悔しないために。今からでも遅くありません。

若い時に矯正治療をしておけばよかった・・・と後悔している方も多いと思います。今の矯正治療はどんな年齢の方でも受けられるものです。

若い年齢の時よりは色々とメリット・デメリットがあるかもしれませんが、いつまでも元気で健康でいるためには様々なリスクやデメリットを差し引いても大きなメリットがあると思います。

今からでも遅くはありません。エムアンドアソシエイツ矯正歯科では、矯正による無料カウンセリングを行っております。ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

矯正無料カウンセリングを予約する