マウスピース型矯正装置インビザライン専門の東京・エムアンドアソシエイツ矯正歯科

叢生(そうせい)

叢生とは?

叢生とは、歯並びがデコボコの状態のことを指します。

歯並び・かみ合わせが悪い状態を不正咬合といいますが、その不正咬合の原因はひとつではなく

  • 遺伝
  • 習癖
  • 人種
  • 性別

などの様々なことが複雑に絡み合って、そういった状態になっています。

例えば、叢生(デコボコ)は、主に“歯の大きさと顎の骨の横幅のアンバランス”が原因でおこります。一方、上顎前突(出っ歯)は、指しゃぶりなどの“悪習癖”や“上下の顎の骨の大きさのアンバランス”が原因でおこります。下顎前突(受け口)なども同じです。

不正咬合の種類 主な原因
叢生(デコボコ) 歯の大きさと顎の骨の横幅のアンバランス
上顎前突(出っ歯) 上下の顎の骨の大きさのアンバランス
(上あごが大きい、下あごが小さい)
悪習癖(指しゃぶりなど)
下顎前突(受け口) 上下の顎の骨の大きさのアンバランス
(上あごが小さい、下あごが大きい)
遺伝
(ご家族に受け口のかたが多い)

叢生(そうせい)の原因とは?

一般的には、一つ一つの歯の大きさと顎の骨の大きさとのバランスが悪いことが叢生の原因とされております。

通常の場合(バランスが良い状態)

① 顎が小さくバランスが悪い状態

② 歯が大きくバランスが悪い状態

この他にも、子供の歯並びから永久歯への生え変わりがうまくいかなかったり、虫歯などで子供の歯を早くに失ってしまったことで、叢生が生じてしまう方もいらっしゃいます。歯並び・かみ合わせは人生を通して常に変化するものですから、食いしばりの癖が強い方などは年齢を重ねるにつれ叢生がひどくなってきたとおっしゃられる方もおられます。

叢生(そうせい)を放置するリスクとは

叢生がある方ですと、歯磨きが難しいのでお口の中をきれいにするのに多くの時間を必要とします。ご自身の歯磨きが難しい部分を理解して、毎回時間をかけてきれいにしていただければよいのですが、それができませんと叢生の部分は不潔になりやすく、虫歯や歯周病に罹患しやすくなってしまいます。

また、叢生部分ではかみ合わせが均等でないことが多いため特定の歯だけがすり減って歯の形がいびつになったりしてしまうこともあります。

矯正治療では歯の形を変えることはできませんので、歯のすり減りが原因で矯正治療後でも歯の高さが合わない場合には、被せ物の治療などが必要になる場合があります。

“歯並び” “矯正治療” “マウスピース型矯正装置インビザライン”
について何でもご相談ください。

当院ではマウスピース型矯正装置インビザラインによる治療を押し売りするようなことは一切ございません。
ご自身の状況を確認する機会としてご活用ください。

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1丁目1番5号 日本橋TNビル 4F

診療時間月木金 11:00~19:00 △土・日(月2日) 10:30~17:30

休診日火・水・日(それ以外)・祝日

お電話での診療のご予約・ご相談はこちら

03-6262-5779

03-6262-5779

マウスピース型矯正装置インビザライン
エムアンドアソシエイツ
(M & Associates)グループ

Copyright © M&ASSOCIATES. All Rights Reserved. ページ上部へ戻る