開咬

開咬(前歯のかみ合わせが悪い)とは?

奥歯をかみ合わせた際に、上下の前歯がかみ合わず、上下的に隙間がある状態を指します。

開咬(前歯のかみ合わせが悪い)の原因とは?

開咬の原因としては、

  • 上下の顎の骨の位置に異常がある場合
  • 発音や嚥下の際の舌の使い方が間違っていて歯並びに悪影響を及ぼして生じる場合
  • 幼少期の指しゃぶり

などが原因として考えられます。

開咬(前歯のかみ合わせが悪い)を放置するリスク

開咬を放置すると、正しいかみ合わせよりも奥歯に係る負担が大きくなり、長期的には奥歯を早く失う原因にもなると考えられます。

また、開咬は舌癖との関連が強いため、開咬が放置されると正しい発音や嚥下が行われず、機能的にも異常な状態といえます。
人間の歯は上下すべてで28本あります。加齢や虫歯などさまざまな理由により歯を喪失してしまいます。歯が20本あると健康的な生活を送ることができます。厚生労働省では8020運動として80歳で20本の自分の歯を残そうと活動をしています。

不正咬合者の8020達成者についての調査では、

  • 正常咬合者は56.9%
  • 上顎前突は17.6%
  • 過蓋咬合は25.5%
  • 反対咬合は0%
  • 開咬は0%

となっており、反対咬合と開咬の方は8020を達成した人は1人もいませんでした。

“歯並び” “矯正治療” “マウスピース型矯正装置インビザライン”
について何でもご相談ください。

当院ではマウスピース型矯正装置インビザラインによる治療を押し売りするようなことは一切ございません。
ご自身の状況を確認する機会としてご活用ください。

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1丁目1番5号 日本橋TNビル 4F

診療時間月木金 11:00~19:00 △土・日(月2日) 10:30~17:30

休診日火・水・日(それ以外)・祝日

お電話での診療のご予約・ご相談はこちら

03-6262-5779

03-6262-5779

マウスピース型矯正装置インビザライン
エムアンドアソシエイツ
(M & Associates)グループ

Copyright © M&ASSOCIATES. All Rights Reserved. ページ上部へ戻る