前歯の部分矯正

部分矯正とは?

通常、矯正治療は、すべての歯を移動させることを前提として行う治療です。歯並びに加えてかみ合わせも大きく変化することが多いです。一方、部分矯正とは現在のかみ合わせは大きく変化させず、一部分の歯だけを移動させることを目的に行う矯正治療です。イラストのように、装置も一部分のみ装着します。

全顎矯正 部分矯正
範囲 すべての歯 主に前歯のみ
目的 見た目&かみ合わせ 見た目
治療機関 12~36か月 6か月~18か月
費用 60万円~ 30万円~
治療法
  1. ラビアル矯正
  2. リンガル矯正
  3. マウスピース型装置の矯正
  1. ラビアル矯正
  2. リンガル矯正
  3. マウスピース型装置の矯正
対象となる歯並び すべての不正咬合
  1. 正中離開
  2. 軽度の叢生

部分矯正の治療範囲

一般的な矯正治療は、すべての歯に装置を付けて歯を動かしていきます。一方、部分矯正では4~6個の装置をつけます。装置をつけた歯しか動きませんので、治療範囲は限定的です。

部分矯正の治療目的

部分矯正では、見た目の改善のみを行います。かみ合わせに改善が必要な方は部分矯正に適しません。

部分矯正の治療期間

ちょっとした歯の隙間を埋めるような部分矯正であれば6か月もあれば十分です。平均的な治療期間は12か月程度となります。

部分矯正の費用

通常の矯正治療に比べて、大幅に安くなっています。費用は、治療期間と装置によって決まってきますので個人差があります。ご自身の治療費がどのくらいになりそうかを確認されたい方は、初回カウンセリングをご利用ください。

部分矯正の治療方法

治療方法は、通常の矯正治療と同様に、歯の表側に装置をつけるラビアル矯正、歯の裏側に装置をつける見えないリンガル矯正マウスピース型装置の矯正とすべての治療法で対応しています。

部分矯正の対象となる歯並び
(不正咬合)

部分矯正はかみ合わせの改善が必要ない方が対象となるため限定的です。すきっぱ(正中離開)や軽度のデコボコ(叢生)の方は部分矯正の対象となりますが、次に当てはまる方は対象外となります。

  • 上顎前突(出っ歯)
  • 下顎前突(受け口)
  • 重度の叢生(デコボコ)
  • 開咬(前歯が開いて噛んでいない状態)

部分矯正が可能かどうかの判断する方法は?

部分矯正を希望の方も、基本的に精密検査をさせていただく必要があります。

部分矯正とクイック矯正との違い

部分矯正といわゆるクイック矯正を混同している方がいらっしゃるようです。クイック矯正またはセラミック矯正(審美補綴治療)は、歯を削って形を変えることによって、見た目を変える方法です。歯は一度削ってしまうと元に戻すことができません。一定量を越えて歯を削ると神経の処置が必要になることもあります。また、一生同じ被せ物を使い続けられる訳でもありませんのでやり直しが必要となることもあります。クイック矯正は治療期間が短く、時間がない方には魅力的ではありまが、それに伴うリスクもありますので、矯正治療との違いについてよく吟味していただければ、と思います。クイック矯正と通常の矯正治療との比較やメリット・デメリットについては初回カウンセリングでも詳しくご説明させていただきます。

原理 治療機関
矯正治療
力を加えて歯を動かす
  1. 全顎矯正1~3年
  2. 部分矯正6~12か月
クイック矯正またはセラミック矯正
(審美補綴治療)
歯を削って形を変える 3~6か月

“歯並び” “矯正治療” “マウスピース型矯正装置インビザライン”
について何でもご相談ください。

当院ではマウスピース型矯正装置インビザラインによる治療を押し売りするようなことは一切ございません。
ご自身の状況を確認する機会としてご活用ください。

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1丁目1番5号 日本橋TNビル 4F

診療時間月木金 11:00~19:00 △土・日(月2日) 10:30~17:30

休診日火・水・日(それ以外)・祝日

お電話での診療のご予約・ご相談はこちら

03-6262-5779

03-6262-5779

マウスピース型矯正装置インビザライン
エムアンドアソシエイツ
(M & Associates)グループ

Copyright © M&ASSOCIATES. All Rights Reserved. ページ上部へ戻る