下顎前突
(受け口)

下顎前突(受け口)とは?

下顎前突(受け口)とは、奥歯をかみ合わせた際に上下の前歯の位置関係が逆になっており、下の前歯が上の前歯よりも前方に位置している状態のことを指します。

下顎前突(受け口)の原因とは?

成り立ちとしては、骨格的に上あごが小さいもしくは下あごが大きいという上下の顎の骨のバランスに問題がある場合と、骨格には大きな問題はないが、歯の生え方によって下顎前突になっている場合とがあります。

かみ合わせを型作る要因としては、大きく遺伝と環境の2つの要因が挙げられますが、下顎前突は、中でもご家族やご親類に下顎前突の方が多くいらっしゃるなど、遺伝の要因が大きい場合には矯正治療だけで下顎前突を改善することが困難になります。

① 骨格性の原因
(顎の骨のバランス)

上顎に比べて、下顎が過成長すると、下顎が正常よりも前の位置に出てしまっています。結果、下顎前突(受け口)になってしまいます。

② 歯性の原因(歯の生え方)

骨格性の問題はなくても、歯の生え方で下顎前突(受け口)になることがあります。イラストのように、上の前歯が真っ直ぐに生えず、内側に傾いて生えてしまう場合です。

上顎前突(出っ歯)
を放置するリスクとは

上顎前突の方の多くは、唇を閉じた際に下唇が上下の歯の間に挟まってしまい、唇を閉じているのに上あごの前歯が見えたままになってしまいます。上顎前突を放置すると上あごの前歯が乾燥し虫歯や歯周病になりやすくなってしまうこともあります。また、お子さんなどでは上顎前突により外傷により歯が傷ついてしまうリスクも高いと言われています。

“歯並び” “矯正治療” “マウスピース型矯正装置インビザライン”
について何でもご相談ください。

当院ではマウスピース型矯正装置インビザラインによる治療を押し売りするようなことは一切ございません。
ご自身の状況を確認する機会としてご活用ください。

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1丁目1番5号 日本橋TNビル 4F

診療時間月木金 11:00~19:00 △土・日(月2日) 10:30~17:30

休診日火・水・日(それ以外)・祝日

お電話での診療のご予約・ご相談はこちら

03-6262-5779

03-6262-5779

マウスピース型矯正装置インビザライン
エムアンドアソシエイツ
(M & Associates)グループ

Copyright © M&ASSOCIATES. All Rights Reserved. ページ上部へ戻る